アラフィフからの男磨き

究極のアラフィフ男を目指し 筋トレとランニングで体を鍛え 早朝坐禅と旅で心を鍛えている男のBLOG

【門司】レトロなランニング

昨日は予想より早く午前中に打ち合わせが終了したので

午後からは旅ラン

f:id:ambras:20190823092146p:plain
今回の旅ランは,門司港関門海峡〜下関というルート.

せっかく午前で終わったのにバタバタしてたら3時くらいになってしまった. 

たまたま,ホテル近くのバス停から門司港行きのバスが出てたので,それに乗って行こうと思い立つ.

 

だけど,この判断がそもそも間違い・・・・

 

小倉から門司まで片道10kmある.それくらい距離があるとバスでどのくらいかかるのかあまり考えてなかった.

f:id:ambras:20190823092311j:plain

乗ったはいいが,なかなか到着しない・・・

結局50分くらい乗車.門司港レトロに到着したのは16:00頃.これじゃ小倉からランニングしても時間的に変わらなかったかも?

 

急いで出光美術館へ行く.

f:id:ambras:20190823092341j:plain

創業者の出光佐三に興味があるので,ここはぜひ行ってみたかった.佐三の名言がいくつかとても気に入ったので,写メをとってきた.

 

「これは出光の仕事ではありません.日本国家,国民としてやるべきものです」

「いつの時代になっても,立派な人間のいらない時代はない」

 

さすがにこの時代の創業者は,人生哲学にしても事業に対する考え方にしてもスケールがでかい百田尚樹の「海賊と呼ばれた男」を読んでみたくなった.

メインの美術品は宋の磁器を展示していたが,正直よく分からず・・・.だけど,天目茶碗は素人が見てもとても美しいものがいくつかありました.

油滴天目茶碗

もちろん,中は撮影禁止なので写メはありません.上の写真はFlickrで見つけた油滴天目のイメージです(これと同じではありません).

こんな感じの天目茶碗がありましたが,とても美してく可愛いかったです.花瓶や大皿よりこの方が好きかな.

 

f:id:ambras:20190823092518j:plain

さて,ここから先は本来の目的の旅ランです.

門司港から下関まで高々5km程度.大した距離じゃありません.今回はあまりカロリー消費が期待できない.

まずは北上して関門海峡の地下道入り口まで走った.

トロッコ列車沿いにウォーキングとサイクリング用の道路があるので,それに沿って走っていきます.

 

f:id:ambras:20190823092635j:plain

そして到着!関門海峡です.ランで10分くらいでしょうか.

思ってたより対岸が近い.

津軽海峡だと天気のいい日じゃないと対岸が見えないくらい離れてるから,橋を建設するのは無理だろう.

 

f:id:ambras:20190823092720j:plain
そして,地下道入り口まで来ました.徒歩なら無料.

 

f:id:ambras:20190823092739j:plain

これが地下道.むぅ,なんかレトロな感じがします.

下関側は見えませんが,距離にすると1km程度のようです.

 

f:id:ambras:20190823092811j:plain

ここが境界です.

本州に上陸!

 

f:id:ambras:20190823092836j:plain
下関側の地上に出ると,そこは壇ノ浦

源平合戦のあった壇ノ浦の戦いはここ.すげー!

 

f:id:ambras:20190823092901j:plain

本州側に上陸したけど,ゴールまであと少し.走ったらすぐ到着しそうなのでもったいない.

海沿いをウォーキング.海風が気持ちいい.

 

f:id:ambras:20190823093338j:plain

そして到着.ゴールのカモンワーフ.

ウォーキングと言っても結構汗をかきました.気温が30度あるからね.

トイレで着替えます.濡らしたタオルで汗を拭いて,着替えてさっぱり.

 

f:id:ambras:20190823093428j:plain

カモンワーフの回転すし屋で軽い晩飯.とらふぐの握りなど.

フグはもともと高いけど,それ以外の握りも全体的に高い.観光地価格なんだろう.

 

f:id:ambras:20190823093621j:plain

ここから門司港レトロまで船で戻る.

巌流島のクルージングもあるらしい.今度は来た時は行ってみたい.

 

f:id:ambras:20190823093756j:plain

門司港に着いたら外は雨.

あらら・・・

着替えた後なので濡れるのは嫌.今日はこれ以上歩くのは諦め,近くにあったカフェレストランで2回目の晩飯.

門司港地ビールも一緒に.焼きカレーヴァイツェンがとてもマッチしてうまい.

www.ousamanotamago.com

 

関連ランキング:カレー(その他) | 九州鉄道記念館駅門司港駅出光美術館駅

 

店の雰囲気もいい.晴れてたらテラス席にしたんだけどね.

TVで紹介された店のようです.

 

f:id:ambras:20190823094014j:plain

門司港駅から小倉へ戻る.

とてもレトロな駅舎.ライトアップされてとても綺麗だった.

 

f:id:ambras:20190823094045j:plain

プラットフォームまでレトロな感じが徹底している.

この写メもなかなか雰囲気出てるでしょ?

 

結局,門司港周辺は出光美術館以外は何も見てない.今度北九州や下関に来る機会があったら,ゆっくり巡ってみたい.

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ