アラフィフになって考える100年ライフ

「ものづくり」を通したライフ・シフトを実践するため,スキルと健康を高めていくブログ

新たな出発へ

ブログの方向性を変えると昨日宣言しました.

そこで,新たに自己紹介と今後の私の生き方とブログの方針について書きました.少しずつ変えていくかもしれませんが,さしあたってこの内容で.

このブログについて

特に私の好きな「ものづくり」に着目して,勉強やスキル習得,健康増進などに取り組み,アラフィフからの新たな人生を模索しています.

そのために日々取り組んでいること,勉強したこと,体験したこと,参考になったこと,雑多な日常などを発信していきます. 

そもそも私は何者?

1972年生まれ.子供の頃は「ドラえもん」や「キテレツ大百科」が大好きで,ひみつ道具を自分で発明し,その特許で生計を立てたいと本気で思っていた.

某国立大工学部の大学院を修了後,幸いにも研究職に就く.しかし,実際の研究というのは「役に立つ」という視点より,「論文ネタになる」ことの方が優先される.

だけど・・・

ノーベル賞クラスの研究者とか,旧帝大の教授とか言うなら別だけど,私のような三流研究者がアカデミックな研究を行ったところで・・・

一体誰が注目するのか?

それが本当に世の中の役に立っているのか?

自己満足に過ぎないのではないか?

と自問自答してきた.

そこで,アラフィフになったのを契機に「ものづくり」を中心として,ひみつ道具のようなものを発明する.そんな研究に取り組みたいと考えた.

そして,ものづくりを通して,退職後も社会貢献できるようなスキルの向上を今から蓄積していきたいと考えている.

  • 年齢:48歳
  • 職業:研究職
  • 専門:計測制御・情報,メカトロ関連
  • 資格:博士(工学),英検準1級.
  • 趣味:マラソン,旅ラン

 f:id:ambras:20210814144703j:plain

どんな「ライフ・シフト」を考えているのか?

仕事として

  • 退職後の仕事として,自分の専門に近い内容で技術コンサルを開業する.コンサルとしての信用を得るには,博士だけでなく技術士の資格も必要.
  • JICAなどの派遣で,途上国に技術支援や技術教育に行くことに興味を抱く.海外で実務を行うには高度な英語力が必要となる.

趣味として

  • 新しい技術にキャッチアップしながら「ものづくり」を楽しみ,そのスキルを向上していく.
  • Maker Faireへの出展,トランジスタ技術など技術雑誌への寄稿も行なってみたい.

健康維持として

f:id:ambras:20210813165852j:plain

準備期間として当面やること

  • 毎日1時間,ものづくり(プログラミングを含む)に取り組む.
  • 技術士の国家資格に合格するため,そのベースとなる知識と技術を勉強する.先ずは情報処理技術者試験(基本情報,応用情報,エンベデッドシステムSP)を合格し,基礎知識を固める.
  • 英語は実用で使えるレベルとして,TOEIC 900,英検1級の合格を目指す(現在,準1級)
  • ランニングを習慣化し,フルマラソン完走を目指す(いずれサブフォー).

f:id:ambras:20210809185139j:plain

関連して取り組んでいること

  • 手帳.自分の目標や進捗状況などは日誌として手帳に記録.日々振り返りながらPDCAサイクルを回す.手帳リフィルもオリジナルなものを作成して試行錯誤中.
  • 朝活.朝5:00起きでランニングや英語などに取り組んでいる.
  • 空手.小学生の頃,日本空手協会松濤館流)で習っていた.健康のため,たまに形を自主練.ナイファンチの形(鉄騎初段)に集中して練習.

他にもやりたいこと,興味のあることは山ほどあるが・・・

何にでも手を出し過ぎて中途半端で終わってしまう傾向が昔からあるので,新規に何かに手を出すのは今のところやめておく.