Enjoyable Life !

最高にオモロい人生を送るため,定年退職後のライフシフトを目指して準備中

ナイファンチ:流派による「波返し」の違いと難しさ

YouTubeでみると,いろんなナイファンチの型があってとても面白い.

 

たとえば,松濤館流の場合こんな感じ.

 

 

試合で見栄えがするし,とてもスピード感がある.

 

だけど,いろんな流派のナイファンチの型を見ていると,もっと動作が遅いケースが多い.たとえば,YouTubeでは「首里泊手系」と書かれていた本場沖縄の達人が演武するナイファンチだとこんな感じ↓

 

 

ご高齢というのもあるのかもしれないけど,とてもゆっくりで驚く.こんなに遅くて本当に戦えるのか?ただの踊りのような・・・

 

と思ってしまうが,見る人が見ればその術理がよくわかるらしい.

 

ロシアのヘビー級ボクサーを一撃で倒した本部朝基という古流唐手家がいる.本部はナイファンチの型しか知らなかったというほど,この型を重視したらしい.

 

その本部が後世に伝えたというナイファンチがこちら↓

 

 

これも演武者がご高齢だからなのか,とても動きがゆっくり.

 

それに,松濤館と比べて大きく異なるのは,波返しのときあまり高い位置まで足を上げないこと.波返しって接近戦で相手の足を払う動作だと思っていたけど,あんなに低いと払うことができるのか怪しい・・・

 

などと,素人考えでは思ってしまう.

 

一方,本土の伝統空手の流派である和道流のナイファンチはこんな感じ↓

 

 

やはり,波返しの足は低い位置だ.和道流の開祖,大塚博紀は「波返しは、足払いの動作ではなく、脱力を確認するための動作」という解釈をしたらしい.

 

さらに,波返しについては,以下のように述べている.

 

  • 自然の立ち方と何ら変わらない楽な気持ちであらねばならない
  • 脚に力が入っていないか、又楽な姿勢であるかを試みるのが目的である
  • 裏の見える程度に足を返して出来るだけ高くしかも軽く挙げ軽く戻して元通り崩れない立ち方に帰らねばならない
  • 軽く早く動作して足音のしないよう軽く戻す

 

ただ,大塚は本部のナイファンチに創意を加えたらしい\(^{(1)}\)ので,本部が元々考えていた「波返し」と同じではないかもしれない.

 

一方,沖縄小林流のナイファンチでは,波返しの後にドンと地面を踏みつける.

 

 

和道流松濤館もそのような動作はしない.大塚博紀は「足音のしないように軽く戻す」とわざわざ注意書きをしているほどだ.

 

流派が異なれば解釈も異なり,ますます難しくなってくる.

 

最後に,松濤館流船越義珍のナイファンチの動画も見つけた↓

 

 

これは随分個性的だ.足幅は今の松濤館のように広いが,それだけでなく波返しもかなり大袈裟にぐいっと足を上げている.船越がなぜこのような波返しを演武したのかは分からない.

 

だけど,よく言われているように,船越は空手を武術としてではなく,体育教練や人格形成という教育手段として用いることを重視していた.だから,あえて歩幅を大きくとったり,技を大袈裟に演武することによって身体的負荷を意図的に高めることが目的だったのではないか.

 

であれば,逆に言うと身体的負荷の高い松濤館のナイファンチをほぼ完璧に演武できるような人は,かなりの身体能力を有していることになる.

 

松濤館であっても,組み手の時は歩幅が狭く動きやすいフォームになる.普段から動きにくいフォームでトレーニングをしていると,組み手の時にスピード感のある動きにつながるのかもしれない(それが船越の本来の意図ではなかったにせよ).

 

ナイファンチの何が本質なのかは難しすぎて,達人たちでさえ色んな解釈がある.

 

大塚博紀は,「形を口伝えにするのさえ困難なことであり、ましてや筆での表現は不可能に近いといわねばならない。全ては修業者の自得に俟(ま)つほかはないのである。」と述べている.

 

それはつまり,原型は1つだったかもしれないけど,修業者によって解釈も悟り方も異なってくる.そしてそれらは,すべて正しいだろう.

 

だから,空手とはすなわち人の数だけ種類があると言ってもいいのかもしれない.首里手那覇手泊手などというけど,実はそのような分類は大まかな「技の傾向」を示すだけで,本当は,本部の空手,松村の空手,糸洲の空手,安里の空手,船越の空手,大塚の空手などのように,人によって異なるのが実態なのだろう.

 

 

私は自分で悟りを目指すような実力なんてあるわけない(苦笑).だけど,松濤館以外のナイファンチに少し興味を持ったので,歩幅を狭くとってやってみた(上半身の動きはかなり似ているので,見様見真似で出来る)

 

これだと波返しもまあまあ綺麗にできた.歩幅を狭く足をそんなに上げないので,重心も崩れにくい.

 

だけど,松濤館鉄騎初段はまだ全然綺麗にできない.

 

松濤館の波返しを完全にできるようになるまでには,まだまだ時間がかかりそうである.

 

 

 

\(^{(1)}\)山下明博,「続・『空手術之研究』から読み解く和道流空手3つの極意:ナイハンチ」,安田女子大学紀要, Vol.49, pp.199-208, 2021(URL: https://yasuda-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=553&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1